プリザーブドフラワーをインテリアとして用いている人も多く、また習い事としても人気が高いことから、馴染みも深くなっていますが、風水的にはあまりよくないという声も時々聞かれます。
「死んだ花である」ということと解釈してのことのようですが、実際に風水ではプリザーブドフラワーを否定しているのでしょうか。
様々な意見が飛び交うことから、不安を感じている人も多いようです。


<風水におけるプリザーブドフラワー>

プリザーブドフラワーは比較的新しいものであることから、風水でどのように解釈すべきなのか迷うところではありますが、風水の実践者の多くは「風水では否定していない」と解釈しています。
それよりもきちんと管理できているのかということを注目すべき点としています。
「死んだ花」として解釈するのは乱暴で、ぬいぐるみなどのオブジェも命はありません。
しかし「美しい」「可愛い」「清々しい色合い」などは、風水に良い影響を与えます。
これと同様で、プリザーブドフラワーもまた、色合いや風合いなどに気を使い、コンディションを保つようにすれば風水的にも良いものとなります。
生花と違って長期間飾ることが出来ることから、掃除が行き届かなかったりすることが問題となるのです。