母の日にプリザーブドフラワーを贈ってみるのはどうでしょうか?
ただ手渡しで贈るのではなくて、何か工夫してサプライズのように贈ってみるのも良いかと思います。
例えばお母さんには別の部屋で待機してもらっていて手紙とお花を一輪ずつ添えて辿り着くような形にしてプリザーブドフラワーを贈ってみますとか。
宝探しのようにしてみると楽しくて良いかと思いますよ。
最終的にはケーキフラワーを用意して驚かせてみますとか良いと思うのですが、どう思いますか?


プリザーブドフラワーの保管方法について

プリザーブドフラワーは永年保つことのできるお花ですが、管理はきちんとされなければいけません。
生花と同じよう丁寧に取り扱うようにしていただければと思います。
繊細ですのであまり雑に扱わないようにして下さればと思います!
お水を与えてはいけないことになっていますので、キッチン周りや湿気の強い場所に置かないようにして下さいね。
お水を与えてしまいますと、脱色してしまいますので気を付けて下さい。


専門店が増えてきている

最近ではプリザーブドフラワーの専門店が増えてきていますので、色々ご覧になってからお決めになるのが良いかと思います。
そのお店にしか置いていないお花や色もあるかと思いますので、それぞれよく比較されてみることをおすすめします。
通販サイトも充実してきていますので、ネットで調べてみるのも良いかと思いますよ。
お値段なども変わってきますので、じっくり比べてみて下さればと思います。

皆さんもご存知かもしれませんが、プリザーブドフラワーはご自分で作ることが出来ます。
お花屋さんで購入されるのも良いかと思いますが、せっかくですからご自分で作ってみるのはどうでしょうか?
最近では作り方についてネットに掲載しているものもありますので、そちらを参考にしながら作ってみるのが良いかと思います。
母の日に贈るためにお母さんのお好きなお花と色を選んで作って贈られますと、きっと喜んでもらえるのではないかと思います。
香りも花粉もないので花粉症の方でも安心して贈ることができます。


プリザーブドフラワーはどんな時に使えるの?

プリザーブドフラワーは母の日や父の日以外でも贈ることができます。
入学・卒業祝いや敬老の日・お誕生日・結婚式・・・色々な行事の時に贈ることが出来ますのでおすすめです。
恐らくこの他にも様々な場面でプリザーブドフラワーが活躍できるのではないかと思います。
また、普段のイメージを変えるためやアクセントにするためお部屋に飾られる方もいらっしゃるかと思います。
最近ではリース型が人気みたいですよ。


多くのカラーがあるから楽しい

プリザーブドフラワーは生花ではなかなか出せないカラーも取り扱っていますので、見ていてとても楽しいかと思います。
中には青いバラもありますので、気になる方はネットなどをご覧になってみて下さればと思います。
通販サイトでもプリザーブドフラワーを扱っているお店がありますので、近くにお花屋さんがないかたはネットでご覧になることをおすすめします。
色々ご覧になってから購入されるのが良いかと思いますよ。

毎年、5月の第二土曜日は母の日です。母の日はお母さんに感謝を示す日、と言われていますが、何を渡したらいいか悩んでしまう人も多いかと思います。また、実家を離れている人は一緒に食事に行くというのも難しいですよね。そこで人気が高いのは、プリザーブドフラワーなのだそうです。


プリザーブドフラワーは枯れないお花

プリザーブドフラワーの人気の秘密は、なんといっても枯れないということです。絶対に傷まないというわけではありませんが、キチンと保管してあげることで、生花の10倍近く、長生きすると言われています。このお花は一度生花を分解し、特殊な液体で加工、その後染色を行うことで、きれいな発色と、生花と変わらない質感を保つことができます。お花はもらったら嬉しいものです。


ものぐさなお母さんでも大丈夫

ものぐさなお母さんだから、手入れとかしないんだ、って思っているかもしれませんが大丈夫です。プリザーブドフラワーは花粉も、水やりも必要ありません。湿気や直射日光に弱いので、なるべく日陰の室内に置いておくだけで十分です。人間が心地よくいることのできる空間であれば、びっくりするほど形が変わるということもあまりないそうです。心配な場合は、ケース入りのプリザーブドフラワーを選ぶと安心ですね。