母の日に渡すプリザーブドフラワーは元気が出る色を

6月 26, 2014

プリザーブドフラワーはギフトとしても非常に人気の高いものです。インターネットでの通信販売も増加していることから、遠方に住む相手にも気軽に贈ることができるという点や、枯れてしまわないので、届くまでにお花が傷んでしまうという心配もいりません。


プリザーブドフラワーの色選び

母の日などになると、プリザーブドフラワーギフトを扱うホームページでも、さまざまなアレンジメントが登場します。色の好みなどもありますが、お母さんが好きな色、というのが頭になかなか浮かばないときは、元気が出ると言われているビタミンカラーのアレンジメントを選ぶというのはどうでしょうか?ビタミンカラーとは、黄色やオレンジなどの色を中心としたものです。


目で見て元気が出る色と言われるもの

生花のブーケなどでは、ひまわりなどを中心につくられているものが多いそうです。オレンジ色や黄色、緑など、はつらつとした印象が強く、目で見るだけで、人間が元気いなる色とも言われるそうです。プリザーブドフラワーでも、このような色のアレンジメントの扱いは多くなっているそうです。癒し効果や食欲増進にも効果的といわれていますから、食卓などに飾ることにも適しているカラーだそうですよ。

Share with others

No Responses so far | Have Your Say!

Comments are closed.