プリザーブドフラワーをアレンジしよう

3月 3, 2014

母の日や入学祝い、結婚祝いなど様々なお祝いの席で人気の高いギフトが、プリザーブドフラワーです。生花よりも枯れることもないので、手入れに手間がかからない、花粉が発生しないのでお見舞いなどでも気軽に持っていけるというのも、大きな魅力なのだそうです。


もらったプリザーブドフラワーが欠けてしまったら

プリザーブドフラワーは特に湿気に弱いと言われています。染色を後から行って色を付けているので、色移りを起こしてしまうこともあるので、お風呂場などには飾らないほうがいいそうです。気を付けていても、気づいたら花びらが欠けてしまったり、知らないうちに飾りの葉が折れてしまったりすることもあるかもしれません。こんなときは、そのまま諦めてしまわずに、自分でアレンジをしてみましょう。


花びらははさみで修正できる

欠けてしまったものは、はさみで周りをきれいに整えることで、欠けを目立たなくすることができます。花びらは生花と同じように非常にデリケートなので、慎重にはさみを入れましょう。整えるだけでなく、慣れてきたらかけた部分を中心にハート型を作ってもかわいいそうです。葉や飾り部分が破損したら、その部分は抜いてしまいましょう。そしてホームセンターや雑貨店などで代わりになるものを探して刺してみましょう。

Share with others

No Responses so far | Have Your Say!

Comments are closed.