プリザーブドフラワーの作り方の簡単な説明

5月 30, 2014

プリザーブドフラワーは、個人であっても手順さえ分かれば作ることができるようです。市販のプリザーブドフラワー は結構お値段も高めです。自分なりに作ることができれば、場合によっては市販の物よりも割高な購入コストを、抑えることができるかもしれません。


<簡単な手順>

プリザーブドフラワーを制作する際の手順としては、まずは普通の生花、そして潤滑液、着色料、そして脱色液を用意しなければなりません。最低限これらは必要です。最初のステップとしては生花を脱色液に漬け込み、脱色します。脱色した花を取りだしたら、潤滑液、そして着色液に漬け込むという具合に作業を進めていくのです。そして、漬け込んだ花を乾燥させ問題が無ければこれで完成と言う事になります。


<着色液、脱色液等は使いまわしが出来ない>

ここで、注意すべきなのが、脱色液や着色液何かの加工用の液体は、使いまわしが気ないという点でしょう。使う事も出来なくはないようですが、自ずと1回目の製造に比べて効果は落ちてしまい、プリザーブドフラワーの完成度も低くなります。まずは、プリザーブドフラワー制作のためには、脱色液や潤滑液、着色液何かを仕入れて準備を整える必要があります。

Share with others

No Responses so far | Have Your Say!

Comments are closed.