プリザーブドフラワーだけのメリットは?

10月 28, 2014

プリザーブドフラワーは生花とは違って枯れません。
一週間ほどで枯れてしまう生花と違い、プリザーブドフラワーは上手に保存を行えば数年そのきれいな姿を楽しむことができるのです。
これは独特の製法、一度乾燥を施してから専用液を吸わせているからですが、これにより長い期間まるで生きているかのような瑞々しさを保つことができるのです。
プリザーブドとは日本語で保存という意味です。上手に保存して長い期間美しく保ちたいですよね。


プリザーブドフラワーはブーケや贈り物にもってこい

プリザーブドフラワーは長い期間枯れないため、贈り物としてプレゼントした場合も相手に長く楽しんでもらえます。母の日のプレゼントなどでもカーネーションやきれいなアレンジのプリザーブドフラワーを贈ればきっと喜んでもらえるでしょう。
また、生花と比べてとても軽いので結婚式のブーケとしても利用していただけます。花嫁の負担にもなりにくいプリザーブドフラワー。ぜひ利用してみてください。


もちろん短所も…

とてもデリケートな性質上、保存する場所には気を配る必要があります。高温多湿に弱いので直射日光を避けて涼しい環境に置くことが長く楽しむ秘訣です。
それに、生花より手間がかかっている分少し値段が高いというのもポイントです。

Share with others

No Responses so far | Have Your Say!

Comments are closed.