プリザーブドフラワーには、置き型やブーケ型以外にも種類があるんです。
キャンドル型とかリース型、それからフォトフレームや時計、ぬいぐるみと一緒になっているものもあるんですよ。
その贈りたい人によって選ぶことが出来るようになっているので、選ぶ側としても楽しみがあります。
友達とか家族とか、その相手のイメージに合わせて選べるのは、本当に嬉しいことだと思いませんか?


プリザーブドフラワーを母の日に

数多くある中からたった一つのプリザーブドフラワーを選んで、母の日に贈ってみませんか?
シンプルなものが良ければ置き型やリース型、おしゃれなものが好きなお母さんならキャンドル型など。
でも、一番お勧めなのはぬいぐるみと一緒になったお花や、プリザーブドフラワーで作られているわんちゃんのお花ですね。
お花も美しいですし外見もすごくかわいいので、比較的喜ばれるのではないでしょうか。


管理も楽でうれしい

プリザーブドフラワーは、お水を与える必要が無いので手間もかからず楽なんです。
そして、何よりも美しいまま保つことが出来るので、長い間見て楽しむことが出来ていいですよ。
思い出も一緒にいつまでもとっておくことが出来ますし、可愛いからどこにでも飾ることだって可能です。
まずは、通販サイトなどでどのようなプリザーブドフラワーがあるのか見てみませんか?

生花と比べてメリットの多さを感じるプリザーブドフラワーですが、デメリットがないというわけではありません。例えば薬品による加工のために無臭なので生花のような匂いを楽しむことができないなど、いくつかあります。


生花に比べてお花の種類が少ない

プリザーブドフラワーといえば当初はバラが定番でしたが、最近ではいろんな花が出回りはじめました。以前に比べれば増えていますが、やはり生花の種類の数に比べるとまったくかないません。プリザーブドフラワーには向かない花と向く花があることが原因のひとつです。向いているのは、花弁の多い、またははずれにくい花で、プリザーブドフラワーとしてよく目にするバラやカーネーションなどは、花弁の多い加工向きの花なのです。


価格がまだまだ高め

生花と比べてメリットの多いプリザーブドフラワーですが、その価格は生花の3倍前後とかなり高めになっています。生花の特殊加工に用いる薬剤が高価なためなのですが、この薬剤のリサイクルがすすめば生花とかわらない価格までいくのではないかといわれています。いっけん高級品のプリザーブドフラワーですが、生花と違って1年以上色あせすることなく楽しめることを考えると、じゅうぶん元をとれる価格のような気もします。

母の日や入学祝い、結婚祝いなど様々なお祝いの席で人気の高いギフトが、プリザーブドフラワーです。生花よりも枯れることもないので、手入れに手間がかからない、花粉が発生しないのでお見舞いなどでも気軽に持っていけるというのも、大きな魅力なのだそうです。


もらったプリザーブドフラワーが欠けてしまったら

プリザーブドフラワーは特に湿気に弱いと言われています。染色を後から行って色を付けているので、色移りを起こしてしまうこともあるので、お風呂場などには飾らないほうがいいそうです。気を付けていても、気づいたら花びらが欠けてしまったり、知らないうちに飾りの葉が折れてしまったりすることもあるかもしれません。こんなときは、そのまま諦めてしまわずに、自分でアレンジをしてみましょう。


花びらははさみで修正できる

欠けてしまったものは、はさみで周りをきれいに整えることで、欠けを目立たなくすることができます。花びらは生花と同じように非常にデリケートなので、慎重にはさみを入れましょう。整えるだけでなく、慣れてきたらかけた部分を中心にハート型を作ってもかわいいそうです。葉や飾り部分が破損したら、その部分は抜いてしまいましょう。そしてホームセンターや雑貨店などで代わりになるものを探して刺してみましょう。

今では少しずつプリザーブドフラワーが人気になってきていますが、皆さんの中にも誰かに贈られたりご自分のご自宅などに飾られている方もいらっしゃるのでしょうか?
永年に保つことのできるお花ですので、非常におすすめですよ。
ですので、母の日に贈るのも良いかと思いますよ。
現在ではお花屋さん以外でも通販で注文することが出来ますので、ぜひ色々ご覧になってみることをおすすめします。
購入する際に多くのお店を確認されておかれるのが良いかと思いますよ。


プリザーブドフラワーの花材をそろえてみよう

プリザーブドフラワーはご自分で作ることが出来ますので、楽しみながら作ることが出来ます。
最初から作るのは大変だし材料も揃っていない・・・という方は花材を集めてみることから始めるのが良いかと思いますよ。
花材は通販サイトで購入することが出来ますので、こちらも色々ご覧になってみることをおすすめします。
たくさんありますから、探す楽しみがあって良いかと思います。


自分なりにアレンジしてみよう

ご自分でお好きなようにアレンジして作りますと、世界でたった一つのプリザーブドフラワーになりますから色々試してみるのが良いかと思います。
また、入れ物にもこだわってみるとさらに良いものが出来上がるかと思いますので、入れ物もたくさん探してみて下さいね。
入れ物次第で雰囲気やイメージが変わってくるかと思いますので、どのようなプリザーブドフラワーを作りたいのか事前に書き起こしてみるのも良いかもしれませんね。

母の日にプリザーブドフラワーを贈ってみるのはどうでしょうか?
ただ手渡しで贈るのではなくて、何か工夫してサプライズのように贈ってみるのも良いかと思います。
例えばお母さんには別の部屋で待機してもらっていて手紙とお花を一輪ずつ添えて辿り着くような形にしてプリザーブドフラワーを贈ってみますとか。
宝探しのようにしてみると楽しくて良いかと思いますよ。
最終的にはケーキフラワーを用意して驚かせてみますとか良いと思うのですが、どう思いますか?


プリザーブドフラワーの保管方法について

プリザーブドフラワーは永年保つことのできるお花ですが、管理はきちんとされなければいけません。
生花と同じよう丁寧に取り扱うようにしていただければと思います。
繊細ですのであまり雑に扱わないようにして下さればと思います!
お水を与えてはいけないことになっていますので、キッチン周りや湿気の強い場所に置かないようにして下さいね。
お水を与えてしまいますと、脱色してしまいますので気を付けて下さい。


専門店が増えてきている

最近ではプリザーブドフラワーの専門店が増えてきていますので、色々ご覧になってからお決めになるのが良いかと思います。
そのお店にしか置いていないお花や色もあるかと思いますので、それぞれよく比較されてみることをおすすめします。
通販サイトも充実してきていますので、ネットで調べてみるのも良いかと思いますよ。
お値段なども変わってきますので、じっくり比べてみて下さればと思います。

皆さんもご存知かもしれませんが、プリザーブドフラワーはご自分で作ることが出来ます。
お花屋さんで購入されるのも良いかと思いますが、せっかくですからご自分で作ってみるのはどうでしょうか?
最近では作り方についてネットに掲載しているものもありますので、そちらを参考にしながら作ってみるのが良いかと思います。
母の日に贈るためにお母さんのお好きなお花と色を選んで作って贈られますと、きっと喜んでもらえるのではないかと思います。
香りも花粉もないので花粉症の方でも安心して贈ることができます。


プリザーブドフラワーはどんな時に使えるの?

プリザーブドフラワーは母の日や父の日以外でも贈ることができます。
入学・卒業祝いや敬老の日・お誕生日・結婚式・・・色々な行事の時に贈ることが出来ますのでおすすめです。
恐らくこの他にも様々な場面でプリザーブドフラワーが活躍できるのではないかと思います。
また、普段のイメージを変えるためやアクセントにするためお部屋に飾られる方もいらっしゃるかと思います。
最近ではリース型が人気みたいですよ。


多くのカラーがあるから楽しい

プリザーブドフラワーは生花ではなかなか出せないカラーも取り扱っていますので、見ていてとても楽しいかと思います。
中には青いバラもありますので、気になる方はネットなどをご覧になってみて下さればと思います。
通販サイトでもプリザーブドフラワーを扱っているお店がありますので、近くにお花屋さんがないかたはネットでご覧になることをおすすめします。
色々ご覧になってから購入されるのが良いかと思いますよ。

毎年、5月の第二土曜日は母の日です。母の日はお母さんに感謝を示す日、と言われていますが、何を渡したらいいか悩んでしまう人も多いかと思います。また、実家を離れている人は一緒に食事に行くというのも難しいですよね。そこで人気が高いのは、プリザーブドフラワーなのだそうです。


プリザーブドフラワーは枯れないお花

プリザーブドフラワーの人気の秘密は、なんといっても枯れないということです。絶対に傷まないというわけではありませんが、キチンと保管してあげることで、生花の10倍近く、長生きすると言われています。このお花は一度生花を分解し、特殊な液体で加工、その後染色を行うことで、きれいな発色と、生花と変わらない質感を保つことができます。お花はもらったら嬉しいものです。


ものぐさなお母さんでも大丈夫

ものぐさなお母さんだから、手入れとかしないんだ、って思っているかもしれませんが大丈夫です。プリザーブドフラワーは花粉も、水やりも必要ありません。湿気や直射日光に弱いので、なるべく日陰の室内に置いておくだけで十分です。人間が心地よくいることのできる空間であれば、びっくりするほど形が変わるということもあまりないそうです。心配な場合は、ケース入りのプリザーブドフラワーを選ぶと安心ですね。